ドラッグストア監修の国家試験合格後はみな賛同しているのでしょうか?

合格後の世界

薬剤師国家試験の概要については別のページで簡潔に述べましたが、やはり皆様が一番知りたいことは試験の合格率ではないでしょうか?今回は、薬剤師国家試験の合格率と合格者がその後しなければならないことについて簡潔に説明したいと思います。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

直近(2009年3月)に行われた第94回薬剤師国家試験の合格率は74.4パーセントでした。また、第93回以前の合格率についてもだいたいこの数字に近いです。今回もおそらく70パーセント前後の合格率になるものと思われます。ただし、2012年以降は試験問題が6年制の薬学部卒業者に対応したものとなるため、2011年度以前に卒業した受験者にとっては相当不利になると言われています。そのため、合格率は下がると予測されます。ちなみに補足ですが、4年制の薬学部を卒業した方であっても、6年制の薬学部のない時代に入学している場合は、薬剤師国家試験の受験資格を失うことはありません。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

薬剤師国家試験に合格された方は、合格証書がお手元に届きますので、それを持って薬剤師免許を申請する必要があります。まれに合格証書が薬剤師免許だと勘違いされておられる方がいらっしゃいますので、誤解のないようくれぐれもご注意下さい。薬剤師免許は自分の住所地を管轄する保健所で申請できます。



薬剤師 求人