ドラッグストア監修の薬学部の飛び級制度について詳しいことを知りたい方へ

大学の制度のご紹介

卒業するために必要な必修科目全てを含み、大学が定めた単位を取得した場合、卒業となります。ここで問題となるのが、6年制の薬学部で5年次に必要な単位を全て取得した場合、その時点で卒業できるのかということです。このような場合、たいていの薬学部は5年次で卒業を認めていません。ただし、そもそも薬学部の場合、6年次にならなければ受講できない必修科目を設けている大学がほとんどなので、文系学部と違いこのようなことが生じる可能性は非常にまれです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

文系学部であれば4年次に履修する卒業論文が選択科目になっていることが多いため、このようなことが生じることが多いです。ちなみに、このような問題が生じた場合、卒業を認める大学は無条件で認めるのではなく、例えば、「大学院に進学する場合に限り卒業を認める」といった条件付卒業を採用するところが多いです。ちなみに、この制度を飛び級制度と言います。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

ただし、このサイトをご覧になっている皆さんは薬剤師を目指されている方だと思いますので、そもそも飛び級制度を使うことはできません。薬剤師国家試験を受験するためには、6年間薬学部に在籍することが求められるからです。 薬剤師を目指す皆さんは1度にたくさんの単位を取ることよりも、着実に1科目ずつマスターするように心掛けましょう。



薬剤師国家試験