ドラッグストア監修の薬学部卒業要件について知りたい方へ

薬学部卒業の要件

大学で授業を履修し、期末試験に合格すると「単位」がもらえます。6年制の薬学部の場合、必修科目の単位を全て取得し、かつ、選択科目で取得した単位を合わせて大学が定めた卒業に必要な単位(多くの大学は180単位前後)を取得すれば卒業となります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

大学の授業は1回90分です。そして、週1回の授業の場合、全部で13回前後の授業を受け、期末試験に合格すると、2単位もらえることが一般的です。合格基準は成績が60点以上ですが、ここでいう成績は期末試験の成績だけを指すわけではありません。例えば、教授によっては授業中に出席を取ったり、ミニテストを実施したりすることがあります。この場合は、期末試験の成績だけでなく、出席率等も考慮されますので、出席率が悪い場合はたとえ期末試験で60点取れたとしても不合格となる可能性があります。出席を取る教授やミニテストを実施する教授の場合、これらの結果をどう評価するかは教授ごとに異なります。たいていは授業中に評価方法を教えてくれますので是非聞いておきましょう。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

単位を取得すると、たとえ後になって忘れたから復習したいといってもその科目を再度履修することができません。 単位を取れなかった場合は、その科目が必修科目の場合は来年度に再度履修し、合格しなければなりません。選択科目の場合は、再度同じ科目を履修することもできますし、諦めて他の選択科目を履修してもかまいません。



薬局