ドラッグストア監修の薬学部の時間割について詳しいことを知りたい方へ

薬学部のカリキュラム

薬学部に合格できたのは良いけれど、大学生活って高校生活とは違うの?と思ったあなた、ここでは薬学部に限らず大学の授業について簡潔に説明いたします。

 

高校の授業と大学の授業の大きな違いは、「時間割は自分で決める」ということです。高校の場合、クラスごとに時間割が決まっていましたが、大学の場合、学生1人1人の時間割が異なります。つまり、大学生は自分で時間割を決めなければならないのです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

大学生は新学期が始まると(大学によっては新学期が始まる直前に)、履修登録をします。これは、自分が履修したい科目を申告する手続を指します。ただし、何でもかんでも好きな科目だけを履修できるわけではありません。大学で履修する科目には必修科目と選択科目があり、必修科目は必ず履修しなければなりません。とりわけ、薬学部は文系学部と比較すると必修科目が多いため、同じ薬学部の学生に似た時間割になる傾向にあります。なお、正当な理由なく大学が定めた期間内に履修登録をしないと、当該学期は一切授業に出ることができなくなります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

高校では朝のホームルームのときに出席を取るのが一般的ですが、大学では1人1人の時間割が違うことから、出席は授業毎に取ることになります。ただし、教授によっては出席を取らない場合もありますので、出席を取らない教授の場合は期末試験の成績のみで合否が決まります。



薬剤師 就職