医薬分業について詳しいことを知りたい方へ

時代は医薬分業へ

薬剤師を目指すあなたにとって是非知ってもらいたい言葉があります。それは、「医薬分業」です。これは、私たちが医者に診てもらったとき、「お薬だけは薬局でもらってくださいね」という制度です。きちんとした言葉で申し上げると、医師が患者の診察とお薬の処方指示行為(いわゆる処方箋の発行)を行い、それに基づいて薬剤師が処方行為を行うことを指します。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

医薬分業は政府の基本方針として、1990年代から活発に推し進められてきました。今現在お薬を処方してもらえる医療機関がほとんどないことを考えると、もはや医薬分業が日本の常識になってしまったと言っても過言ではありません。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

薬剤師の多くは調剤薬局で勤務しています。ある大学の調査では、薬剤師国家試験合格者の就職先の約半数が薬局であったという結果が出ています。医薬分業が進むなか、今後も調剤薬局における薬剤師の業務は確実に増えていくでしょう。 現在は不景気と言われながらも、調剤薬局を新規開業する事業者は増加する傾向にあります。これは、現在も医薬分業へシフトしつつある医療機関が存在する証拠であるとも言えるでしょう。 1990年代ほどではないにしろ、未だに政府は医薬分業を推進している以上、この先も順調に分業が進んでいくでしょう。



薬剤師 求人