ドラッグストア監修の医薬分業は患者のためにある制度か?について詳しいことを知りたい方のためのページ

医薬分業は患者のためか?

「時代は医薬分業へ」のページで、医薬分業は今後も進みつつあることを述べました。でも、患者の立場に立って医薬分業について考えた方の中には、「何でわざわざ調剤薬局に行かなければならないの?以前のように受診した病院でお薬をもらえた方が絶対に便利なのに」という思いを抱いた方もいるでしょう。確かに、その考えは一理あります。でも、医薬分業が徹底されていない時代にそれなりの弊害が起こってしまったのも事実です。ここでは医薬分業によって取り除かれた弊害について見ていきたいと思います。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

弊害はいくつかありますが、一番の弊害は、「二重処方」が挙げられます。二重処方とは、複数の医療機関で診断してもらった患者に起こる現象です。例えば、ある患者が病院Aと病院Bで診てもらい、お薬が処方されたとします。病院Aと病院Bで同じお薬が処方された場合が二重処方です。お薬は1回につき決められた用量を服用してはじめて効果が期待できるものです。そのため、病院Aと病院Bで同じお薬が処方された以上、この患者は1回に決められた用量の2倍のお薬を服用することになります。「お薬はたくさん飲めば早く治る」と思っている方もいらっしゃるようですが、これは間違いです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

お薬は用量を守らないとかえって症状を悪化させることになるので注意が必要です。医薬分業が実施されていれば薬剤師が患者をヒアリングすることによってこの弊害を除去できるのです。



調剤薬局